ニュース
» 2008年05月15日 08時31分 UPDATE

LiMo FoundationにVerizon、Mozillaなど8社が加入

NEC、NTTドコモ、Samsungなどが設立した携帯向けLinux推進団体に、新たに8社が加わった。

[ITmedia]

 携帯電話向けLinux推進団体のLiMo Foundationは5月14日、同団体に、米Mozilla Corporation、米Verizon Wirelessなど8社が新たに加入したと発表した。これにより、同団体の参加企業数は40社となった。

 LiMo Foundationは、米Motorola、NEC、NTTドコモ、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、韓国のSamsung Electronics、英Vodafoneの6社が2007年に設立した非営利組織。Linuxベースの「オープンな」携帯向けプラットフォームの開発を目的としており、今年4月には、最初のバージョン「LiMo Platform Release 1」をリリース。同プラットフォームのAPIも無料公開している。

 今回新たに加入したのは、MozillaとVerizon Wirelessのほか、独Infineon Technologies、ノルウェーのKvaleberg、米Red Bend Software、仏Sagem Mobiles、仏SFR、韓国のSK Telecomの8社。うちVerizon Wirelessは、同団体のコアメンバー企業として、理事会にも参加する。LiMo Foundationは、8社の加入を「LiMo生態系の急速な拡大を示すもの」と歓迎している。

関連キーワード

LiMo Foundation | LiMo | Linux | Verizon | Mozilla | 携帯電話


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -