ニュース
» 2008年05月16日 11時26分 UPDATE

MS、100ドルノートPCにWindowsを搭載

早ければ6月からWindows搭載XOのトライアルを新興国市場で実施する。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月15日、One Laptop Per Child(OLPC)プロジェクトが貧しい子供向けに提供している低価格ノートPC「XO」にWindowsを搭載することで合意したと明らかにした。

ah_05-15MSOLPCPR_lg.jpg

 両者はWindows搭載XOのトライアルを早ければ6月から新興国市場で実施する予定。政府機関や非政府団体と協力して、トライアルの成功を目指すとしている。

 MicrosoftはWindowsをXOで動かすためのカスタムドライバを開発しており、Windowsは現在XOの電子書籍モード、Wi-Fi機能、カメラ、ライティングパッド、カスタムキー、省電力機能などをサポートしている。これにより、Windows向けの多くのサードパーティーのアプリケーション、デバイスがXOに対応するようになると同社は説明している。

 現時点ではXOにはLinuxが搭載されているが、Windowsを加えることでOS環境の選択肢が増えるとMicrosoftは述べている。またOLPCプロジェクトは、LinuxとWindowsのデュアルブートが可能なXOの提供も計画しており、またサードパーティーと協力してXOの「Sugar」インタフェースをWindowsに移植するという。

関連キーワード

Windows | 100ドルPC(OLPC)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -