ニュース
» 2008年05月17日 08時13分 UPDATE

MySpaceで少女を自殺に追い込んだ女を起訴

少年のふりをして少女に近づき、自殺に追い込んだ女が起訴された。

[ITmedia]

 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)MySpaceを悪用し、13歳の少女を自殺に追い込んだとして、米ミズーリ州在住の女が起訴された。米司法省が5月15日、明らかにした。

 司法省によると、起訴されたロリ・ドリュー被告(49)はMySpaceに16歳の少年「ジョシュ・エバンズ」として登録。同様に偽登録をした仲間とともに、当時13歳だった少女に近づき、あたかも恋愛感情を持っているかのようなそぶりをした。被告は約4週間、少女とやり取りをしたのち、突如少女に別れを切り出し、悪口雑言を浴びせた。

 少女はその1時間後、自室で首を吊り、翌日死亡した。

 検察側は、これを深刻な「サイバーブリング(ネットいじめ)」と見なし、ドリュー被告らが、偽の登録情報の利用、未成年者の個人情報入手、ほかのメンバーへのハラスメントなど、MySpaceが禁じる行為を行ったと主張、共謀、不正アクセスなど4件の容疑で起訴した。

 各紙報道によると、自殺した少女はドリュー被告の娘の元友人だという。

 ロサンゼルスの連邦地裁で6月に、ドリュー被告の罪状認否が行われる見通し。

関連キーワード

MySpace | 自殺 | SNS | ネットいじめ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -