ニュース
» 2008年05月17日 08時17分 UPDATE

Google、翻訳サービスに10言語を追加

「Google Translate」でブルガリア語など新たに10言語の翻訳が可能になった。

[ITmedia]

 米Googleは5月15日、翻訳サービス「Google Translate」β版に新たに10言語を追加し、対応言語が合計23言語になったことを明らかにした。今回追加されたのはブルガリア語、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、フィンランド語、ヒンディー語、ノルウェー語、ポーランド語、ルーマニア語、スウェーデン語の計10言語。

 また、Googleが翻訳を提供する言語の2つの言語間で、クロス検索が可能になった。例えば「北京オリンピック」の情報を中国語サイトで検索する場合、検索ボックスに「北京オリンピック」と入力し、自分の使用言語として「日本語」を、検索したいページの言語として「中国語」を選択すると、Google Translateが「北京オリンピック」を中国語に翻訳してページを検索し、検索結果を日本語に翻訳して表示してくれるという仕組み。

trans1 日本語のキーワードで中国語のサイトを指定
tras2 右にオリジナルの中国語サイト、左に日本語に翻訳したサイトへのリンクが表示される

 また翻訳したい文章が何語で書かれているかを自動的に識別するオプション「Detect Language」も追加された。Webサイトまたはテキストを翻訳する際、オリジナルの言語を指定しなくても、翻訳したい言語だけを指定すれば翻訳してくれる。元の文章が長いほど、識別の精度が上昇する。

関連キーワード

Google | 検索 | 翻訳ソフト・サービス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -