ニュース
» 2008年05月20日 08時06分 UPDATE

Google、サードパーティーの広告タグ受け入れを表明

Googleが、コンテンツネットワークをサードパーティーにも公開し、広告タグの受け入れを開始する。

[ITmedia]

 米Googleは5月19日、北米のGoogleコンテンツネットワークにおいて、サードパーティーの広告タグを受け入れると発表した。広告主は同社が認定した広告業者を使ってディスプレイ広告を表示し、追跡できるようになり、ほかの広告キャンペーンで採用している広告システムを、AdWordsベースのGoogleコンテンツネットワークにおいても採用できるようになる。

 Googleはこれまで、同社標準の広告フォーマットやポリシーへの準拠を徹底させるための認証プロセスがないために、サードパーティーの広告タグを認めていなかった。

 このほど認証プロセスが確立したことから、広告主と広告代理店は、Googleが認可したサードパーティーを通じて広告を掲載し、その効果を測定することができる。同社が認可した企業は現在、同社傘下のDoubleClickやValueClick傘下のMediaplex、Dynamic Logicなど広告代理店や調査会社12社で、今後さらに増やしていく計画という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -