ニュース
» 2008年05月20日 09時36分 UPDATE

ソニーと出光、有機EL青色素子で最高レベルの発光効率

出光興産とソニーは、青色の有機EL素子で世界最高レベルの発光効率を達成した。有機ELディスプレイを低消費電力化し、中大型テレビの実用化に貢献できるという。

[ITmedia]

 出光興産とソニーは5月19日、青色の有機EL素子で世界最高レベルの発光効率を達成したと発表した。有機ELディスプレイの低消費電力化につながり、中大型テレビの実用化に貢献できるとしている。

 出光が開発した蛍光型青色発光材料とキャリア注入輸送材料、ソニーが開発したデバイス構造を融合。NTSC標準を超える青色の色度で、素子の内部発光効率を28.5%まで高めることに成功した。従来は25%が限界と言われていいた。

 両社は2005年11月、有機EL用ディスプレイ材料の共同開発を発表。両社で開発した新材料を順次ソニー製品に展開してきた。今回の成果も、今後の製品への導入を目指していく。

関連キーワード

ソニー | 有機EL | ディスプレイ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -