ニュース
» 2008年05月22日 08時07分 UPDATE

「Microsoft Office 2007 SP2」はXPS、PDF、ODF形式をサポート

次期Office「Office 14」では、3月にISO標準に認定されたOffice Open XMLのアップデート版をサポートすることも明らかにした。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月21日、2009年前半にリリース予定の「Microsoft Office 2007 Service Pack 2(SP2)」で、XML Paper Specification(XPS)、Portable Document Format(PDF)1.5、PDF/A、Open Document Format(ODF)v1.1の文書形式を新たにサポートすると発表した。

 SP2では、ODF形式の文書を開いて編集や保存を行ったり、文書を直接XPSやPDF形式で保存できるようになる。ODFをデフォルトのファイル形式に設定することも可能になる。

 またMicrosoftは、Officeの次のメジャーバージョンリリースとなるコード名「Office 14」で今年3月に承認されたOffice Open XML(ISO/IEC 29500)をサポートする計画を明らかにした。同時にODF、XPS、PDF標準の今後の開発にも積極的に参加し、互換性を重視していくとの意思を表明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -