ニュース
» 2008年05月24日 07時57分 UPDATE

ロンドンとニューヨークを結ぶ「巨大望遠鏡」登場

ロンドンとニューヨークを結ぶ地下トンネル経由でお互いがリアルタイムで見えるという「Telectroscope」が公開された。

[ITmedia]

 「ニューヨークとロンドンを地下トンネルで結び、その両端に巨大な望遠鏡“Telectroscope”を設置してお互いをリアルタイムで見る」というプロジェクトが5月22日、スタートした。

 このプロジェクトは英国出身のアーティストで発明家でもあるポール・セント・ジョージ氏の発案によるもので、もともとは彼の曽祖父が100年以上前に創案したものだという。このコンセプトを、イタリアの通信プロバイダーTiscaliの協賛によるブロードバンド網と高精細カメラでバーチャルに実現した。

 ニューヨークではブルックリン橋のブルックリン側に、ロンドンはタワーブリッジのサウスバンクにTelectroscopeが設置され、6月15日まで一般公開される。ニューヨーク側からはロンドンの望遠鏡を覗いている相手が、ロンドン側からはニューヨークの望遠鏡を覗いている相手が、1日24時間見ることができる。

london ロンドン側の望遠鏡 (C) Matthew Andrews

 Telectroscopeの設計、製造は、アートイベントなどのプロデュースを手掛ける英Artichokeが担当した。

関連キーワード

望遠鏡


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -