ニュース
» 2008年05月27日 08時08分 UPDATE

カード番号やパスワードを窃盗:Appleストアの偽サイト出現、デザインが酷似

詐欺サイトは本物のAppleストアそっくりのデザインで、Apple IDとパスワードまでだまし取ろうとする。

[ITmedia]

 米Appleのオンラインストアに見せかけて、ユーザーからクレジットカード番号などの情報をだまし取ろうとするフィッシング詐欺サイトが見つかった。セキュリティ企業のSunbelt Softwareがブログで伝えた。

applpis.jpg Appleストアを偽装したフィッシング詐欺サイト

 Sunbeltは偽サイトのスクリーンショット掲載。偽サイトはAppleのロゴを使い、本物のAppleストアにそっくりなデザインを採用している。「Update Billing Information」(決済情報の更新)と称し、クレジットカード番号や氏名、住所、電話番号、社会保障番号、およびApple IDとパスワードを入力させるよう仕向けている。

 AppleやMacユーザーを標的にした攻撃は昨年後半ごろから本格化し、Macに感染するトロイの木馬をWebサイトに仕掛けたり、Mac向けの偽セキュリティソフトを売り込む手口などが報告されている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -