ニュース
» 2008年05月27日 10時07分 UPDATE

テレポーテーション型量子計算を世界初実証 NTTと阪大

NTTと阪大が、テレポーテーション型量子計算の実証に世界で初めて成功した。「量子コンピュータ実現に向けて1つの突破口が開かれた」という。

[ITmedia]

 NTT(持ち株会社)と大阪大学は5月26日、テレポーテーション型量子計算の実証に世界で初めて成功したと発表した。「量子コンピュータの実現に向けて1つの突破口が開かれた」としている。テレポーテーション型量子計算では、遠隔地にいる多者間でテレポーテーションをしながら量子計算が行えるため、量子秘密計算などの暗号通信への応用も期待できるという。

 量子コンピュータの課題は「量子ゲート素子」の実現。量子コンピュータは「回転ゲート」と「制御NOTゲート」という2種類の量子ゲート素子があれば可能だが、制御NOTゲートは実現が極めて難しいという。

 NTTと阪大の共同研究チームは、量子テレポーテーション(離れた場所に量子状態を転送する)を使うテレポーテーション型量子計算の1つ・「一方向量子計算」に注目。光子4つを使って実験を行い、理論的な古典限界値を超えた量子演算を確認。テレポーテーション型量子計算を実証した。

 一方向量子計算では、「量子もつれ」をあらかじめ準備しておけば、後は1量子ビットごとの測定という簡単な処理で制御NOTゲートを実現でき、量子コンピュータの実現に近づく。

 成果は5月27日付け米科学誌「Physical Review Letters」(電子版)に掲載される。

関連キーワード

量子コンピュータ | 大阪大学 | NTT


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -