ニュース
» 2008年05月30日 16時41分 UPDATE

迷惑メール送信、全面禁止に 改正法成立

広告宣伝メールを送信できるのは、あらかじめ同意した相手だけ――迷惑メールを規制する法律の改正案が参議院で可決され、成立した。

[ITmedia]

 迷惑メールを規制する法律「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」の改正案が5月30日、参議院で全会一致で可決され、成立した。

 新法では、あらかじめ同意した相手だけに広告宣伝メールを送信できるオプトイン方式を導入。現行法は、受信者が拒否の連絡をした場合のみ送信を禁止するオプトアウト方式だった。

 罰金額は、現行法の100万円以下から3000万円以下に引き上げ。送信者情報を偽った広告宣伝メールの送信をISPが拒否できる――といった内容も盛り込み、実効性を高める。

 改正法は今年度中に施行される見通し。

関連キーワード

広告 | オプトイン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -