ニュース
» 2008年05月31日 07時43分 UPDATE

米国のネット広告、景気後退でも急成長――IDC調べ

米国のネット広告売り上げは、2007年の255億ドルから2012年には511億ドルまで成長する見通しという。

[ITmedia]

 米国におけるインターネット広告売り上げは、景気後退にもかかわらず急速に伸び、従来メディアの広告予算はネット広告へと回される見通しだ。米調査会社IDCが5月30日、報告書をまとめた。

 IDCによると、ネット広告売り上げは、2007年の255億ドルから、2012年には511億ドルまで成長する見込みという。

 広告市場でのネット広告の地位は、現在の5位から、5年後には新聞、CATV、地上波テレビを抜いて、ダイレクトマーケティングに次ぐ2位に躍進するとIDCはみる。ネット広告のうち、今後5年間に最も大きな成長を遂げるのは動画広告で、売り上げは2007年の5億ドルから、年率49.4%で成長し、2012年には38億ドルになるという。

 ネット広告のうち最も売り上げ規模が大きいのは検索広告だが、これは2012年になっても変わらないという。検索広告では、Googleが約70%のシェアを握っている。

関連キーワード

広告 | ネット広告


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -