ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年06月02日 15時10分 UPDATE

アライドテレシスがコレガを吸収合併

アライドテレシスがコレガを吸収合併する。中規模オフィス向けのネットワークソリューションやサポートービスに注力。コレガブランドは残す。

[ITmedia]

 アライドテレシスホールディングスは、子会社のアライドテレシスとコレガを、来年1月1日付けで合併する。アライドテレシスがコレガを吸収合併する形だが、アライドテレシス社内にコレガ事業部を設け、コレガブランドは残す。

 アライドテレシスは1987年に設立し、エンタープライズ向けネットワーク機器を扱ってきた。コレガは1996年設立で、コンシューマー向けネットワーク機器を企画・販売してきた。

 合併後は、中規模オフィス向けのネットワークソリューションやサポートービスに注力。コレガが得意としてきた量販店向け製品販売も引き続き展開し、2011年にはコレガ事業で100億円の売り上げを目指す。

関連キーワード

コレガ | アライドテレシス | 合併


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.