ニュース
» 2008年06月04日 07時00分 UPDATE

MS、低価格デスクトップPC向けにもWindows XPを延命

Microsoftは、低価格モバイルPC向けにWindows XPの販売を延長する方針を、低価格デスクトップPCにも適用する。

[ITmedia]

 米Microsoftは6月3日、低価格デスクトップPC向けにもWindows XPの販売を延長することを明らかにした。

 Windows XPは6月30日に小売りおよびOEM向け販売が終了するが、Microsoftは、Netbook(低価格ノートPC)向けに限ってWindows XP HomeのOEM販売期間を延長する方針を4月に発表している。このほど、Windows搭載Netbookの成功を受けて、この方針を「Nettop」と呼ばれる低価格デスクトップPCにも適用するという。

 NetbookおよびNettopは、電子メールやWeb閲覧、インスタントメッセージングなどインターネットベースの活動に最適化された低価格デバイス。ASUSのEee PCなどがこのカテゴリーに入る。この種のデバイスへの需要が高まるに伴って、パートナーからOSとしてWindowsを載せたいという要望が出てきたとMicrosoftは述べている。

 「顧客とパートナーは、NetbookとNettopにWindowsを搭載したいと明言してきた」とMicrosoftのOEM部門コーポレート副社長スティーブン・グッゲンハイマー氏は発表文で述べている。「当社はこれらデバイス向けにWindowsを提供することにコミットする」

 MicrosoftはWindows搭載デバイスの提供で、Acer、ASUSTeK Computer、BenQ、Dell、Gigabyte Technology、Hewlett-Packard(HP)、Lenovoなど20社を超えるPCメーカーと協力しているという。

関連キーワード

Microsoft | Windows XP | Netbook | Nettop | ASUS | Eee PC


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -