ニュース
» 2008年06月04日 08時15分 UPDATE

MS、IE 8のβ2の公開時期や新プロジェクト「Velocity」などを発表

MSがIE 8のβ2のリリース時期、IBMとの技術提携、新プロジェクト「Velocity」、Microsoft Sync Frameworkのリリース時期など、複数の重要な発表を行った。

[ITmedia]

 米Microsoftは、米フロリダ州オーランドで開催のTech・Edカンファレンスにおいて、Internet Explorer(IE) 8のβ2のリリース時期、IBMとの技術提携、「Silverlight 2」のβ2のリリース、新プロジェクト「Velocity」を含む、複数の発表を行った。

 現在β1を配布中のIE 8について、20カ国語に対応するβ2を全世界で8月にリリースすることを明らかにした。またメディア再生用ブラウザプラグインSilverlight 2のβ2と、「Expression Blend 2.5 June 2008 Preview」「Silverlight Tools beta 2 for Visual Studio 2008」のリリースを発表した。

 同社はまた、異種混合環境でのアプリケーション開発簡素化を目指し、IBMと提携。IBM DB2データベースを「Visual Studio Team System 2008 Database Edition」と統合することで合意した。

 アプリケーションやサービス、デバイスのコラボレーションとオフラインでの同期を実現する包括的な同期プラットフォーム「Microsoft Sync Framework」については、新たにFujitsu Siemens Computers、Ontela、SmugMugが採用を表明したと発表。同プラットフォームは今年第3四半期にリリース予定という。またWindows Mobileに対応する同プラットフォームのバージョンも第3四半期にプレビュー公開する。

 またMicrosoftは、多用なデータソースへの頻繁なアクセスが必要な、スケーラブルで高性能なアプリケーションの開発を容易にする、分散型のインメモリアプリケーションキャッシュプラットフォーム「Velocity」(コードネーム)の初のプレビュー版をリリースした。

 モデリングプラットフォーム「Oslo」(コードネーム)についても、開発を強化すると明言。OsloはVisual Studio、Microsoft System Center、BizTalk Server、Microsoft SQL Serverに採用される予定となっている。

 さらに、Windows SharePoint Services 3.0 v1.2に対応するVisual Studio 2008エクステンションの新版を用意。同エクステンションでは、開発者がVisual Studio 2008から、Windows SharePoint ServicesとMicrosoft Office SharePoint Serverを利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -