ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年06月05日 08時25分 UPDATE

Yahoo!、「Address Book API」を公開

外部開発者はYahoo!のユーザーのアドレス帳を利用したアプリケーションを開発できるようになる。

[ITmedia]

 米Yahoo!は6月4日、「Yahoo! Address Book API」の公開を発表した。サードパーティーの開発者が、Yahoo!ユーザーのアドレス帳を利用した新規アプリケーションを開発できるようになる。PlaxoとLinkedInは既に同APIを導入、運用している。

 同APIの公開により、開発者はYahoo! Mail、Yahoo! Messenger、Yahoo! Goのコンタクトシステムが利用できるようになる。Address Book APIは、ソーシャルネットワークを広げたり、ソーシャルアプリケーションを普及させるための招待状送付機能や、オンライン小売店向けとしては発送先住所の参照機能、メッセージアプリケーション向けにはオートコンプリート機能など、幅広い機能をサポートする。

 ユーザーはサードパーティーのアプリケーションが自分のアドレス帳データにアクセスしてもいいかどうかを、Yahoo!のログイン画面で承認する。承認にはYahoo!のブラウザベースの認証システム「BBAuth」を使っている。特定のリソースへのアクセス権に関して認可するプロトコル「OAuth」については、将来的にはサポートするが、時期は明言できないとしている。

 Yahoo!は4月に開発者やパブリッシャーが同社のサービスやデータを活用できるオープンプラットフォームを提供する戦略「Yahoo! Open Strategy(Y!OS)」を発表しており、Address Book APIの公開は「SearchMonkey」プラットフォームの公開に続く第2弾。

関連キーワード

Yahoo! | API | SearchMonkey | Yahoo! Open Strategy


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.