ニュース
» 2008年06月10日 07時55分 UPDATE

携帯でリアルタイムの人気集中スポットが分かるアプリ登場

新興企業のSense Networksは、携帯電話などから集めたロケーションデータをもとに人気集中ポイントが分かる製品を発表した。iPhone App StoreでiPhone版も提供する。

[ITmedia]

 米Sense Networksは6月9日、会社の立ち上げとともに、主力製品「Macrosense」と「Citysense」を発表した。

 Macrosenseプラットフォームは、携帯電話などの携帯端末から発信される匿名のロケーションデータを集め、過去のデータに照らして、人々がより多く集まる場所はどこかなど、消費者行動をリアルタイムで分析する。Macrosenseは企業や投資家をターゲットとしている。

 同時に発表されたCitysenseは、消費者向けの無料地図アプリケーションで、今回リリースされたα版はサンフランシスコのみに対応。ユーザーは現在人が多く集まっている場所、また年間を通じて人が多い場所を地図上で確認でき、そうしたスポットをクリックすれば人気の高い場所の詳細が分かる。

sense

 Citysenseは現在BlackBerryのみに対応しているが、iPhone App Storeの立ち上げに合わせ、iPhone版も提供開始されるという。

関連キーワード

iPhone | GPS | 地図 | 携帯電話 | BlackBerry | 地域情報検索


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -