ニュース
» 2008年06月11日 08時27分 UPDATE

不審なアプリ動作にも:QuickTimeのアップデート公開、深刻な脆弱性に対処

米AppleはMac OS XとWindows版の「QuickTime 7.5」を公開した。

[ITmedia]

 米Appleは6月10日、メディア再生ソフトのアップデート版となる「QuickTime 7.5」を公開し、Mac OS XとWindowsに影響する複数の脆弱性に対処した。

 Appleのセキュリティ情報に記載された脆弱性は5件。QuickTimeの動画や画像処理に関する脆弱性では、攻撃者は、細工を施したPICT画像やAACでエンコードされたメディアコンテンツなどを悪用することができる。アプリケーションの予期せぬ終了や任意のコードを実行される恐れがある。

 QuickTimeファイルのURL処理に関する脆弱性は、細工を施したQuickTimeコンテンツをユーザーが再生すると、任意のアプリケーションやファイルが起動する恐れがある。アップデートでは、ファイルが起動されずにFinder/Windows Explorerに表示されるようにした。

 QuickTime 7.5はMac OS Xでは「ソフトウェア・アップデート」機能を使って入手できる。Windows版はAppleサイトのソフトウェアアップデートページを通じて提供している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

QuickTime | 脆弱性 | Apple | Mac OS X | Windows


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -