ニュース
» 2008年06月11日 18時42分 UPDATE

好きな曲で「ビーマニ」のような音ゲー作成 「ぱんぱんミュージック」

「ビートマニア」のような“音ゲー”を好きな曲で作って公開できる――「ビートマニア」サウンドクリエイターの南雲玲生さんが経営するユードーは、ユーザー投稿型リズムゲームサイトを公開した。

[ITmedia]
画像 右から左に流れてくるピンクの弾が、左側のラインにぴったり合ったタイミングでキーボードを叩くとヒット。スコアが上がる

 「ビートマニア」のような“音ゲー”を好きな曲で作って公開できる――ビートマニアにサウンドクリエイターとして携わった南雲玲生さんが経営するユードーは、ユーザー投稿型リズムゲームサイト「ぱんぱんミュージック」α版を公開した。

 楽曲入り「ニコニコ動画」「YouTube」のURLや、MP3ファイル、譜面ファイル(MIDIファイルを専用ツールで変換するなどして作成)を投稿し、曲に合わせてキーボードを叩くだけで、ビートマニアのようなゲームを作成できる。

 ゲームを再生すると、作成者がキーを叩いたタイミングで、ピンクの弾が画面の右から左に流れる。プレイヤーはそのタイミングに合わせてキーボードを叩き、うまくヒットすればスコアがもらえる――という仕組みだ。

 投稿したオリジナル楽曲はクリエイティブ・コモンズライセンスで公開可能。日本音楽著作権協会(JASRAC)の許諾も得ており、JASRAC管理楽曲を独自に演奏した音源もアップロードできる。CD音源をそのまま使うことはできない。

 「登録ユーザーがDJになり、選曲のセンスやリズムゲームのスコアを競い合って楽しむゲーム」としており、ユーザー同士で交流する機能も備えた。ほかのユーザーの楽曲を評価したり、コメントを付けたり、スコアを競い合うことができる。ゲームをブログに張り付けることも可能だ。

 ゲームをプレイするだけならユーザー登録不要。登録すれば、使えるボタンが増えるほか、ゲームの投稿ができるようになる。

 4月中旬に試験公開し、すでに約500曲のデータが投稿され、1日当たり3万ページビュー閲覧されているという。6月中旬に「Facebook」に対応する予定だ。

関連キーワード

投稿


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -