ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2008年06月12日 08時25分 UPDATE

Intel、未来を語る――70件を超えるプロジェクトが進行中

Intelは「Research@Intel Day 2008」において、未来の自動車アプリケーションなど、現在開発中の70件以上のプロジェクトの一端を披露した。

[ITmedia]

 米Intelは6月11日、「Research@Intel Day 2008」において、環境、ヘルスケア、ビジュアルコンピューティング、ワイヤレスモビリティなどの分野で、現在70件以上のプロジェクトやコンセプトを開発中であることを明らかにした。

 例えばNeusoftと協力して開発中の、カメラを目とし、マルチコアプロセッサを基盤とするコンピュータを脳として使う未来の自動車アプリケーションのデモを行った。自動車は将来、周囲のほかの車や歩行者を正確に識別し、接近し過ぎると警告するなど、事故防止機能を備えるようになるという。

yu_intel1.jpg

 このアプリでは、Intelの研究所で開発されたC/C++言語拡張を使用しており、プロセッサパワーを必要とする事故防止機能を実行する際、処理に使うプロセッサコアをシームレスに2個から8個へと増やすことができるという。

 また同社は、Intelプロセッサ搭載製品が性能向上を実現しつつ電力を抑制できるよう、電力管理技術の開発に注力している。「Platform Power Management」と呼ばれる技術では、システムのアイドル時の消費電力を30%以上削減することに成功したという。同社は今後数年で、アイドル時でもヘビーユース時でも、50%削減可能になるとしている。

 ヘルスケア分野では、同社とアイルランド政府が共同出資した「Technology Research for Independent Living(TRIL)Centre」を核として、高齢者やその家族を対象に自立生活の継続を支援する。人々の歩行パターンを分析、転倒のリスクを把握する新システムをデモした。

 また小型携帯端末の性能や機能拡張の一案として、音声インタフェースを開発しているという。会場では、2台の携帯端末とディスプレイをワイヤレス接続してコントロールする音声インタフェースのデモが行われた。例えば、携帯電話を大型テレビと音声命令でリンクさせ、携帯で撮った写真を大型テレビの画面に表示させることなどが可能になるという。

関連キーワード

Intel | 車載 | 医療 | 省電力


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.