ニュース
» 2008年06月13日 19時40分 UPDATE

目覚まし、ゲーム機、YouTubeテレビ――多機能ネットガジェット「Chumby」日本上陸

目覚まし時計やYouTube再生、ゲームなど、さまざまな機能をウィジェットで追加できる手のひらサイズの情報端末「Chumby」が日本でも発売される。

[ITmedia]

 米国で話題の小型ネット端末「Chumby」(チャンビー)が、日本で8〜9月ごろ発売される。目覚ましやネットラジオ、ゲーム、YouTube再生など、600種類ものウィジェット利用してさまざまな機能を追加できるのが特徴で、日本での販売価格は2〜3万円になる見込みだ。

画像

 米Chumby Industriesが開発したLinuxデバイスで、皮で覆われた丸みのある外観が特徴だ。3.5インチ(320x240ピクセル表示)のタッチパネル式液晶ディスプレイ、スピーカーを備え、無線LANで通信する。サイズは約15(幅)×10(高さ)×5(奥行き)センチで電源はACアダプター。

 公式サイトで無料公開しているウィジェットを、無線LAN経由で追加して利用する。目覚まし機能やネットラジオ、ゲーム、YouTube視聴、天気予報、Gmail/POPメールの受信、ニュース配信、Flickr画像の再生など、多彩な機能がそろっている。ユーザーがオリジナルウィジェットを開発して公開することも可能だ。

 日本での販売元は、海外の携帯電話向けのアプリ開発などを手がけるジークス。同社サイトで販売する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -