ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年06月17日 08時31分 UPDATE

Adobe、引き続き好調な決算

Adobe Systemsの3〜5月期決算は、売上高は前年同期比19%増、純利益は同41%増と引き続き好調だった。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsが6月16日発表した同社第2四半期(3〜5月期)決算は、売上高は前年同期比19%増の8億8690万ドル、純利益は同41%増の2億1490万ドル(1株当たり40セント)だった。売上高は、同社が発表していた目標売上高(8億5500万〜8億8500万ドル)を上回った。

 営業利益は2億6020万ドルで、前年同期比44%増。営業利益率は29.3%と、前年同期の24.2%を上回った。

 シャンタヌ・ナラヤン社長兼CEOは、「製品構成や、当社事業の地理的多様性が好調な業績をけん引した」とコメント。今年下半期以降についても「堅実な業績を計上するのに良い状況にある」としている。

 第3四半期(6〜8月期)の見通しについては、売上高を8億5500万〜8億8500万ドル、1株当たり純利益を34〜36セントとみている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.