ニュース
» 2008年06月18日 07時10分 UPDATE

岩手・宮城地震被災地の航空写真を公開 国土地理院

国土地理院が岩手・宮城内陸地震の被災地を撮影したカラー航空写真を公開した。地すべりで道路が300メートル以上移動した様子などが確認できる。

[ITmedia]
画像

 国土地理院はこのほど、岩手・宮城内陸地震の被災地を撮影したカラー航空写真をWebサイトで公開した。

 荒砥沢ダム(宮城県栗原市)上流で地すべりが起こり、山肌がむきだしになっている様子や、旅館「駒ノ湯温泉」(同)が土砂で押し流されている様子が確認できる。

 荒砥沢ダム上流の崩落地の最大落差が148メートルあり、土砂によって道路が300メートル以上移動したことも、写真から分かったという。

 海上自衛隊の協力を得て、測量用航空機「くにかぜ」から撮影した。

関連キーワード

地震 | 国土地理院 | 災害


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -