ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2008年06月20日 08時44分 UPDATE

人為的なミスか:MSのBluetoothパッチに不具合、改定版をリリース

「MS08-030」の再適用が必要なのは32ビット版のWindows XP SP2/SP3のみ。原因は人為的なミスとみられる。

[ITmedia]

 米Microsoftは6月19日、今月10日に公開した月例アップデートのセキュリティ更新プログラム(MS08-030)に不具合があったとして、改定版をリリースした。

 Microsoftによると、影響を受けるのは32ビット版のWindows XP SP2/SP3のみ。64ビット版のWindows XPとWindows Vistaは更新プログラムを再適用する必要はないという。

 セキュリティ対策センター(MSRC)のブログによれば、MS08-030の公開後、問題が完全に解消されていないとの指摘があり、Microsoftで調べたところ不具合が発覚し、対処した。

 不具合が起きた原因は調査中だが、2件の人為的なミスが絡んでいる可能性があると説明。調査終了後、再発防止に向けた措置を取るとしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.