ニュース
» 2008年06月24日 07時40分 UPDATE

Second Lifeが5周年――記念バーチャルイベントを開催

23日で正式公開から5周年を迎えたSecond Lifeが、Second Life内でディスカッションやパーティーなどのイベントを開催する。

[ITmedia]

 米Linden Labは6月20日、同社が開発・運営する3D仮想空間「Second Life」が5周年を迎えるに当たり、23日から7月7日までの2週間、バーチャルイベントを開催すると発表した。

 イベント期間中、Second Lifeのさまざまな場所で、ラウンドテーブルディスカッションやパーティー、企業や「住人」による作品の展示などが行われる。イベントには、Second Lifeの住人やLinden Lab従業員などが参加し、「Second Life文化」の進化やビジネスにおける仮想世界の役割、バーチャルプラットフォームが教育や芸術、福祉や医療などに提供できる機会などを扱う。

birthday キーノートスピーチに臨むフィリップ・リンデン氏(Linden Lab創設者フィリップ・ローズデール氏のアバター)

 Second Lifeは、2003年6月23日に正式公開。2004年8月に1万人を超えた住人の数はその後も増え続け、2006年1月には10万人、同9月には100万人を突破。2007年9月には1000万人に達している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -