ニュース
» 2008年07月15日 07時00分 UPDATE

Sunと富士通、SPARC64 VII搭載「SPARC Enterprise」新製品

富士通とSunは、「SPARC Enterprise」の基幹業務向け新製品4モデルを発表した。クアッドコア「SPARC64 VII」を搭載。

[ITmedia]
photo SPARC Enterprise M9000

 富士通と米Sun Microsystemsは7月14日、サーバ「SPARC Enterprise」の基幹業務向け新製品4モデルを発表した。クアッドコアの新プロセッサ「SPARC64 VII」を搭載し、従来機と比較して1.8倍性能が向上した上、1コア当たりの消費電力を44%削減したという。

 最上位モデル「M9000」は最大64CPU(256コア)搭載可能。SPARC64 VIIとSolarisとの組み合わせにより、大規模データベースや企業の基幹システムなど、ミッションクリティカルシステムに最適だとしている。価格はM9000が1億555万6000円から、「M4000」が761万円から。

 SPARC64 VIIと従来版のSPARC64 VIは同じアーキテクチャのため、SPARC64 VI搭載の既存システムにSPARC64 VIIを追加したり、CPU単位での入れ替えも可能。既存のサーバ資産を有効活用しながらシステム性能向上が図れるとしている。

photo SPARC64 VII

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -