ニュース
» 2008年07月16日 17時38分 UPDATE

FEDで電光掲示板型ネットガジェット「ANOBAR」

FED(電界放出ディスプレイ)を採用し、RSSや2ch実況をティッカー表示するガジェット「ANOBAR」を、元ドワンゴ副社長のベンチャー企業が開発した。

[ITmedia]

 アノドス(東京都中央区)は7月16日、FED(電界放出ディスプレイ)を使った電光掲示板型のネットガジェット「ANOBAR」を開発したと発表した。ニュースサイトや2ちゃんねるの実況などをティッカー表示する。

photo ANOBAR

 「インターネットのコンテンツと適度な距離感・関係性を保つことの出来る新しい端末」がコンセプト。離れた位置からテキストコンテンツを見ることを前提に、電光掲示板型とした。

photo 表示例。下は2ch実況更新頻度グラフ(番組名などはイメージ)。薄型テレビの前に置いて実況を同時に……といった利用を想定しているようだ

 表示部には自発光のFEDを採用し、視野角などの制限なくコンテンツを見られるようにした。ティッカー表示するブラウザは自社開発し、60fpsで滑らかに表示するという。ニュースサイトやブログなどのRSSのほか、2ちゃんねるの実況(番組ch、市況)やランダムに選んだWikipedia項目をティッカー表示する。受信メールやFlash、時計、写真の表示や音楽再生なども可能になっている。操作はリモコンや人感センサーで容易に行えるという。

 FEDは双葉電子工業製。サイズは288×43.2ミリで、640×96ピクセルの表示が可能だ。OSにWindows XP Embeddedを採用し、C7-M/1GHz、1Gバイトメモリ&2Gバイトフラッシュメモリを搭載する。有線LANのほか、NTTドコモのFOMAカード(A2502)によるネット接続も可能だ。全体のサイズは354(幅)×85.5(高さ)×97(奥行き)ミリ、重さ約2キロ。

 動作の様子は同社サイトでライブ中継(Ustream)している。

 アノドスの森栄樹社長は元ドワンゴ副社長兼CTO。ANOBARの販売計画や事業化は現時点では未定としている。

 10月からコンテンツ開発者向けにモニター配布する予定。配布方法などの詳細はWebサイトで告知する。

関連キーワード

FED | ディスプレイ | RSS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -