ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年07月17日 07時00分 UPDATE

ソニーとHP、次世代DATストレージ規格「DAT320」共同開発

ソニーと米Hewlett-Packardは、テープストレージの新規格「DAT320」を共同開発する。09年から販売。

[ITmedia]

 ソニーと米Hewlett-Packardは7月15日、DAT(Digital Audio Tape)によるテープストレージ用の次世代規格「DAT320」を共同開発すると発表した。

 DAT320は、圧縮時に最大で86Gバイト/時の転送速度と、1巻で320Gバイトの容量を持つ次世代DAT規格。現行規格「DAT160」から転送速度、容量とも倍に向上するが、160との互換性は保つ。

 両社で新規格を共同開発し、2009年中にそれぞれの販路でテープドライブと記録メディアを販売する。規格は他社にライセンス提供も行う。

関連キーワード

ソニー | テープストレージ | HP


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.