ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年07月18日 07時00分 UPDATE

全スクリーンでデジタル上映 「新宿ピカデリー」新装オープン

松竹が7月19日に新装オープンする「新宿ピカデリー」は、全10スクリーンにデジタル映写機を導入した「フルデジタルネットワークシアター」だ。

[ITmedia]

 松竹は7月19日、東京都心としては最大級となるシネマコンプレックス「新宿ピカデリー」(東京都新宿区)をオープンする。全10スクリーンにデジタル映写機を導入し、シネマサーバからネットワーク経由で上映する国内初の「フルデジタルネットワークシアター」だとしている。

photo 最大の「スクリーン1」
photo 伊勢丹近くの靖国通り沿い

 以前の新宿ピカデリーは50年前の1958年にオープン。旧新宿松竹会館が老朽化したため、2006年から新築工事を開始し、映画館のほか「無印良品」の旗艦店も入居する地上11階建ての商業施設に生まれ変わった。

 全スクリーンとも、ウシオ電機子会社の米Christie Digital SystemsのDLP映写機「CP2000」シリーズを導入。映写機はネットワーク化され、デジタルシネマサーバからコンテンツを各スクリーンに配信する仕組み。状況に応じて上映スクリーンとスケジュールを柔軟に変更できるほか、スポーツイベントやコンサートなど、映画以外のコンテンツの上映も可能になるメリットがある。

 一方で、フィルム映写機も全スクリーンに設置。「フィルム上映にこだわるクリエイターが望む上映環境を実現した」という。

 10スクリーンのうち、最大の「スクリーン1」には2人で3万円の豪華な「プラチナルーム」も用意。松竹の迫本淳一社長は「興業環境が厳しい中、お客や地元に愛される劇場になれば」と期待を込めていた。

photo オープンを祝う松竹の大谷信義会長(中央左)と迫本社長(中央右)

関連キーワード

松竹 | 映画 | DLP(Digital Light Processing)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.