ニュース
» 2008年07月24日 08時23分 UPDATE

XSSやSQLインジェクション攻撃の恐れ:YouTube Blogに複数の脆弱性

悪用されるとクロスサイトスクリプティング攻撃やSQLインジェクション攻撃を仕掛けられたり、情報流出などの恐れがある。

[ITmedia]

 YouTube動画の投稿用オープンソースプラットフォーム「YouTube Blog」に未パッチの脆弱性が複数見つかったとして、セキュリティ企業のSecuniaが7月23日にアドバイザリーを公開した。

 Secuniaのアドバイザリーは4件の脆弱性を挙げている。悪用された場合、SQLクエリの操作や任意のHTML/スクリプトコードの実行、任意のファイル挿入が可能になり、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃やSQLインジェクション攻撃を仕掛ける、情報が流出するといった影響がある。

 これらの脆弱性はYouTube Blog 0.1で確認されたという。深刻度は5段階で上から2番目に高い「Highly critical」。現時点で修正パッチは公開されておらず、Secuniaでは解決策として、入力情報が適切にチェックされるようソースコードを編集することを挙げている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

脆弱性 | YouTube | インジェクション | XSS | 投稿


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -