ニュース
» 2008年07月24日 09時27分 UPDATE

Google版Wikipedia「Knol」が一般公開

KnolはWikipediaのように誰でも解説を書けるが、執筆者が編集責任を負い、コンテンツを管理する点が異なる。

[ITmedia]

 米Googleは7月23日、昨年末から招待制でテストしてきた知識共有ツール「Knol」を一般公開した。

 Knolは、特定の分野をよく知る人が専門分野に関する解説を書き、それをユーザーと共有するためのツール。誰でも執筆できるが、Wikipediaとは異なり、執筆者を強調する形を取っている。すべてのknolページには(1人あるいは複数の)執筆者がいて、その名前が明記される。執筆者が編集責任を負い、コンテンツを管理する。読者は執筆者に改変を提案できるが、それを採用するかどうかは執筆者が決められる。また、同じトピックについて複数の競合するknolができる可能性もある。

Knol Knol

 執筆者は、自分のknolページにAdSense広告を掲載し、広告収入の一部を受け取ることもできる。

 コミュニティーツールもあり、読者は執筆者にコメントや質問、内容の編集、追加コンテンツなどを提出できる。コンテンツに点数を付けたり、レビューを書くことも可能だ。

 Googleは併せて、New Yorker誌が、同誌に掲載されたマンガを1件のknolにつき1本載せることを認めたことも明らかにした。

関連キーワード

Google | Wikipedia


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -