ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年07月25日 08時43分 UPDATE

MS、組織再編でWindowsと検索を別部門に

プラットフォーム&サービス部門社長の辞任を受け、同部門をWindows/Windows Liveとオンラインサービスの2部門に分割し、バルマーCEOの直属とする。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月23日、プラットフォーム&サービス部門(PSD)を、Windows/Windows Liveとオンラインサービスの2部門に分割することを明らかにした。両部門はスティーブ・バルマーCEOの直属となる。

 またこれまでPSDを率いてきたケビン・ジョンソン氏が同社を去ることも発表した。

 同日から、スティーブン・シノフスキー上級副社長、ジョン・デバーン上級副社長、ビル・ベート上級副社長は、Windows/Windows Live部門のそれぞれの監督業務についてバルマーCEOに報告義務を持つことになった。Internet Explorer(IE)、Windows、Windows Liveスイート製品は同部門の管轄となる。

 オンラインサービス部門については、新たに責任者のポストを設置する予定で、社内外から広く人材を募る。当面はサトヤ・ナデラ上級副社長が検索、MSN、広告プラットフォーム事業を監督する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.