ニュース
» 2008年07月26日 08時14分 UPDATE

Google、Gmailのセキュリティ設定を変更

Gmailの設定に、「常にhttpsを使用する」オプションが追加された。

[ITmedia]

 米Googleは7月24日、Gmail利用時に常にhttpsを利用できる設定オプションを追加した。

 https(hypertext transfer protocol security)は、httpにデータ暗号化機能を付け加えたプロトコル。httpsでログインすると送信時に情報が暗号化され、ネットワーク上でメールが盗み見られるリスクが軽減される。

 これまでもGmailへのログイン時には毎回httpsが利用されてきたが、ログイン後はユーザーがhttps://mail.google.comをあえて利用しない限り、httpでの接続に切り替えられていた。httpsでの接続だとデータ復号のためメールダウンロードの速度が落ちることを考慮しての設定だったという。

 常時httpsを使用するには、Gmailの設定の「全般」タブで「常にhttpsを使用する」を選択すればいい。

gmail settings

 同社はすべてのGmailユーザーとGoogle Appsユーザー向けにこの新設定を導入しているところだ。また近くGoogle Apps Premier Editionでも、コントロールパネルで同様の設定を可能にする予定という。

 現時点では、Google Toolbarなど、Gmailに接続する一部の製品はhttpsをサポートしていない。Googleは現在この問題の解決に取り組んでいるという。

関連キーワード

Gmail | Google | 暗号化 | プロトコル | セキュリティ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -