ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年08月01日 08時28分 UPDATE

MS、マウス特許侵害で台湾のPrimaxを提訴

マウスに関するハードウェア特許を侵害されたとして、Microsoftが台湾のPrimaxを提訴した。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月30日、同社のマウスに関する特許を侵害したとして、台湾のPC周辺機器メーカーPrimax Electronicsを米国際貿易委員会(ITC)に提訴したことを明らかにした。

 Microsoftが侵害されたとするのは、同社のハードウェア技術「U2」「チルトホイール」「拡大鏡」。U2はマウスや周辺機器を接続するときにポートを自動識別する技術、チルトホイールは上下左右に回転するスクロールホイールによるカーソル制御技術、拡大鏡はマウスによる画面拡大技術。同社は20社以上にこれらのライセンスを供与しているが、Primaxは何年もの間無断で使用してきたという。

 Microsoftは過去数年にわたり、Primaxに繰り返しライセンス契約についての話し合いを求めてきたが、同社がこれに応じないため、提訴に踏み切ったとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.