ニュース
» 2008年08月05日 08時13分 UPDATE

ワインの偽物を見破る「電子の舌」登場

スペインで開発されたポータブルな装置により、偽物鑑定が簡単に行えるようになる。

[ITmedia]

 スペインの科学者がビンテージワインの味を判別する「電子の舌」を開発した。74年ものピノノワールとバーガンディーを判別するのにワイン専門家を呼ぶ必要はなくなる。

 バルセロナ超小型電子工学研究所のセシリア・ヒメネス−ホルケラ氏らが開発したポータブル装置は、ワインの特定の品種に含まれる特性を検出するためのセンサーを6個搭載。酸、糖、アルコールなどのパラメータからワインの製造年と品種を特定できるという。

 ワイン業界の専門家や研究者がワインの品質に関する調査を行うためにはサンプルを専門機関に送り、長い期間待たなければならないが、 ポータブルな専用マシンは安価に製造でき、新しい品種にも対応できるという。

 ヒメネス−ホルケラ氏は、「ワインの製造年やブドウの品種から特定することで偽物を見破るためにも使うことができる」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -