ニュース
» 2008年08月07日 14時29分 UPDATE

「人間の目」のようなカメラ、米大学が開発

人間の目の網膜に視細胞が並んでいるように、曲面に光検出器を並べたセンサーを使ったカメラを米大学の研究者が作り出した。

[ITmedia]

 「人間の目」のような新しいカメラを、米大学の研究者が開発した。

ah_eye_camera1.jpgah_image1129.jpg

 このカメラは、人間の目にヒントを得て、ノースウェスタン大学のヨンガン・ホアン教授とイリノイ大学のジョン・ロジャーズ教授が開発したもの。通常のデジタルカメラのセンサーは平らな面に光検出器を並べているが、教授らのカメラは、曲面に光検出器を並べる。人間の網膜に視細胞が並んでいるのと似た構造になる。

 教授らは、多数の検知器をワイヤーでつなぐことで、メッシュ構造を作り出した。このメッシュは、通常のデジカメセンサーと同じ素材を多く使っているが、柔軟で曲げることもできる。

ah_eye_camera4_f1.jpg 光検知器のメッシュ
ah_assembly_b.jpg

 ホアン教授らのカメラは、現行のデジカメで起きる収差の一部を排除し、画質も向上するという。現時点では画素数はわずか256画素だが、確立された素材や製造プロセスを使っているため、いずれはもっと高密度で高度なセンサーも可能だと研究者らは考えている。

 この研究成果は8月7日号のNature誌に掲載される。

関連キーワード

デジカメ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -