ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2008年08月07日 20時15分 UPDATE

ワンセグ見ながらアバターチャット 「おしゃべりテレビ」

同じテレビ番組を見ている人たちとリアルタイムにアバターチャットできるソフト「おしゃべりテレビ」が登場した。お笑い番組にみんなでツッコみ合ったりできる。

[宮本真希,ITmedia]
画像

 同じテレビ番組を見ている人たちと、リアルタイムにアバターチャットできるソフト「おしゃべりテレビ」を、ジー・モードがこのほど公開した。

 PC用ワンセグチューナーでテレビ番組を再生しながら利用する仕組み。お笑い番組にみんなでツッコみ合ったり、スポーツ中継を見ながら選手への応援メッセージを投稿し合う――といった楽しみ方を想定している。

 ワンセグチューナー「GV-SC300」(アイ・オー・データ機器)専用ソフトで、公式サイトから無料でダウンロードできる。GV-SC300を持っていなくても試せるよう、ネットカフェ「アプレシオ」と協力し、都内の3店舗に8月8日に導入する。

 GV-SC300を備えたPCでソフトを起動すると、テレビ画面と、チャンネルごとのチャットルームが現れ、チャットルームに自分のアバターが登場。テキストを入力すると吹き出しに表示し、同じ番組を見ているほかのユーザーのアバターと会話できる。

 一度に投稿できるのは約200文字。文字色を変えられるほか、改行することもでき、アスキーアートを表示させることも可能だ。

 投稿回数が多いアバターは中央に動き、少ないと隅に追いやられる。アバターは洋服や髪型を変えたり、チャット中にジャンプさせたりも可能。国旗やメガホン、チャットルームで投げて楽しめるハンマーといったアバターアイテムも用意した。

「常にネタが提供される」

画像

 同社は携帯電話向けカジュアルゲームなどを開発する企業。オンラインゲームにチャット機能を提供していたこともある。

 「オンラインゲームでは、話のネタが少なくて盛り上がらず、アダルトな内容にもなりがちだったが、おしゃべりテレビはテレビ番組というネタが常に提供される。見ているだけでも楽しく、参加すればもっと楽しい」と同社の椿原治郎さんはアピールする。

 現在はβテスト中。今後は、アバターアイテムを販売したり、テレビを見ながらプレイできる簡単なゲームを有料で提供するといった方法でビジネス化していく計画だ。ワンセグだけでなく、地上デジタルチューナー(フルセグ)に対応したソフトも開発する予定という。

アイドル・愛川ゆず季さんも挑戦

画像 愛川ゆず季さん

 気軽に試してもらうため、8月8日からネットカフェ「アプレシオ」の新宿ハイジア店、渋谷BEAMS店、目黒店に導入。その後全国のほかの店舗にも設置する。

 7日に新宿ハイジア店で行われたおしゃべりテレビのイベントには、グラビアアイドルの愛川ゆず季さんが登場し、チャットに挑戦した。

 愛川さんがチャットルームに登場すると、40人ほどのユーザーが「おおおおおおお! ゆずぽん!」「キター!」と盛り上がった。タイピングに慣れていないという愛川さんは、コメント入力に悪戦苦闘しながらも「何時間でもやり続けてしまいそう」と楽しんでいた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.