ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年08月08日 07時52分 UPDATE

AMD、Stream SDKでのDirectX 11とOpenCLのサポートを発表

同社のストリームプロセッサで、MSのDirectX、AppleのOpenCLをフルサポートする。

[ITmedia]

 米AMDは8月6日、ストリームプロセッサのAMD Streamを対象とした開発を支援するためのソフトウェア開発キット「Stream SDK」の今後のバージョンで、新たにMicrosoftのDirectX 11とAppleが提案するOpenCL(Open Computing Language)をサポートする計画を明らかにした。向こう18カ月かけてSDKをアップデートし、DirectX 11をフルサポートする見込み。

 業界標準APIのサポート拡大と、C/C++言語への対応強化により、GPUを生かしたアプリケーションの開発にかかる時間の短縮と効率化を目指す。

 これまでのBrooks+言語についてもサポートを継続するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.