ニュース
» 2008年08月20日 09時16分 UPDATE

Google.org、地熱利用のグリーンエネルギー開発に1000万ドル投資

Googleの慈善部門が、次世代地熱発電システムを開発する企業などに投資する。

[ITmedia]

 米Googleの慈善部門Google.orgは8月19日、強化地熱システム(EGS、Enhanced Geothermal Systems)の研究開発に1000万ドル以上を投資すると発表した。石炭燃料より安い再生可能エネルギーを開発するためのイニシアチブ「RE<C」の一環としている。

 EGSは従来の地熱発電技術のように自然発生した天然の高温水蒸気を利用するのではなく、地下4000メートル近くにある高温岩石を破砕することで同様の状態を人工的に作り出し、このシステムで発生させた水蒸気で発電する。

 EGSが実現すれば、再生可能なクリーン電力を石炭燃料より安く常時供給できるという。従来の地熱発電が可能な地域はカリフォルニアやアイスランドなどに限定されていたが、EGSを利用すれば地球上のほぼどこででも可能になる。マサチューセッツ工科大学による最近のリポートによると、米国の地下3〜10キロメートルの熱のわずか2%をEGSで利用するだけで、米国全体で必要とする年間エネルギーの2500倍以上を供給できるという。

 今回の投資の内訳は、EGSのコスト削減技術を開発するAltaRock Energyに625万ドル、岩石掘削技術のPotter Drillingに400万ドルとなっており、そのほかにサザンメソジスト大学地熱研究所に49万ドルの助成金を支給する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -