ニュース
» 2008年08月22日 08時16分 UPDATE

MS、写真から3Dモデルを作成する「Photosynth」を一般公開

Microsoftが、アップロードした複数の写真から3D映像を再現する無料サービスを開始した。

[ITmedia]

 米Microsoftは8月20日、複数の写真から3次元モデルを生成するオンラインサービス「Photosynth」を一般向けにリリースした。

 Photosynthは、建造物などをさまざまな角度から撮影した複数の写真を分析し、立体映像を再現する。完成した映像はズームイン、ズームアウト、映像内の移動などが可能で、実際にその場にいる感覚を味わうことができる。

 対応OSはWindows VistaとWindows XP SP2以降で、WebブラウザはInternet Explorer 7(IE 7)またはFirefox 2以降が必要。映像作品を見るためにはphotosynth.comからプラグインをダウンロードし、インストールする必要がある。映像を作るにはWindows Live IDも必要だ。

 開発はMicrosoft Live Labsが行い、既にNational Geographicによるストーンヘンジなど、幾つかの3D映像が公開されている。

Stonehenge

 自分で3D映像を作成するには、同一の場所や物体をさまざまな角度から撮影した写真を、20〜300枚程度準備する必要がある。写真をPhotosynthサイトにアップロードすれば、自動的に3D映像が作成される仕組み。完成した映像はWebサイトやブログ、SNSなどに組み込み、ほかのユーザーと共有できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -