ニュース
» 2008年08月22日 13時31分 UPDATE

「mF247」運営者をヤフオクで募集 優先交渉権を競売

8月末で終了予定の音楽配信サイト「mF247」事業譲渡の優先交渉権がヤフオクに出品される。mF247を運営してくれる人を広く募る目的だ。

[ITmedia]
画像

 「『mF247』第2章の未来はあなたが作る」――に・よん・なな・ミュージックは8月22日、インディーズ楽曲配信サイト「mF247」事業の譲渡について、同社と優先的に交渉できる権利を「Yahoo!オークション」に出品すると発表した。8月末で休止する同サイトを、同社に代わって運営してくれる人をヤフオクで募る。

 25日午後0時から8月27日午後6時までの間、同社と交渉できる権利を最低価格1円から出品する。譲渡するのはmF247のドメインやサイトのプログラム、運営マニュアルなど。楽曲配信しているアーティストとの契約関係は含まれない。

 落札者に同サイトの事業計画を提出してもらって話し合う。交渉がまとまらなかった場合はオークション手数料を引いた落札額を返還し、次点の入札者と交渉する。

 「mF247という名称とサイト理念を継承することを前提に、事業を発展的に引き継いてくれる人へ譲渡する」としており、楽曲をDRMフリーで無料配信するといった同サイトの特徴的なサービスを続ける必要がある。

 同社は「mF247をさらに発展させられる人に託したい。ヤフオクに出品することで関心を集め、mF247に対する熱意を持った人を見つけられれば」としている。

 mf247は2005年8月にスタートし、月間ユニークユーザーは40万、楽曲数は約2500曲。売り上げは非公開。

関連キーワード

Yahoo! オークション | 音楽配信


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -