ニュース
» 2008年08月26日 17時36分 UPDATE

スパムや“ファイル置き場”防止 ココログ、1ファイルの容量を1Mバイトに制限

ニフティは「ココログ」で、1ファイル当たりのアップロード容量を最大1Mバイトに制限する。大容量ファイルをアップしているアカウントは、スパムやファイル置き場としてのみ利用しているブログが大多数だったため。

[ITmedia]

 ニフティは、ブログサービス「ココログ」で、1ファイル当たりのアップロード容量を、最大40Mバイトから同1Mバイトに制限する。

 「ベーシック」「プラス」「プロ」は9月2日から、「フリー」は後日のバージョンアップで適用する。9月2日以前にアップロードされたファイルはそのまま利用できる。

 同社がファイルのアップロード状況を調べたところ、1Mバイト以上のファイルをアップロードしているアカウントの大多数が、スパムブログやファイル置き場としてのみ利用しているブログで、通常利用のユーザーはほとんどが1Mバイト未満のファイルしかアップロードしていなかったという。

 ポッドキャスティング用ファイルなど、大容量ファイルを置くスペースが必要なユーザーには、レンタルサーバサービス「LaCoocan」(月額473円で2Gバイト利用可能)を利用するよう勧めている。

関連キーワード

ココログ | ニフティ | スパムブログ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -