ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年08月30日 08時09分 UPDATE

Google、Google CodeのライセンスでMPLを復活、EPLも追加

GoogleがGoogle CodeサイトでMPLのサポートを復活させるとともに、EPLも追加した。

[ITmedia]

 米Googleは8月27日、Google Codeサイトでホスティングするオープンソースプロジェクトが利用できるライセンスとして、いったんリストから除外していたMozilla Public License(MPL)を復活させるとともに、Eclipse Public License(EPL)も追加することを、公式ブログで明らかにした。

 同社はオープンソースライセンスの増殖とあまりにも多いライセンスの重複はオープンソース開発業界にダメージを与えると考え、それを防ぐ目的でMPLを禁じた。しかしこの考えを改め、MPLの復活だけでなく、EPLのサポートも加えた。

 Googleはホスティングプロジェクトを開始した当初から、Eclipse Foundationとその開発者コミュニティーからEPLを含めるよう求められてきたが、この2年間あえてサポートを行わなかった。しかしEclipseは膨大なプラグインと開発者コミュニティーを持つ活気あるプロジェクトであるため、今こそEPLを追加し、サポートを提供すべきと判断したという。

 同社は、Artistic/GPLv2のような、Perl以外ではそれほど採用されそうにないライセンスもサポートしている。こうしたことからも、MPLの削除は間違いだったとし、サポートを復活することにしたという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.