ニュース
» 2008年09月01日 16時40分 UPDATE

トランスデジタルが2回目不渡り JASDAQ上場廃止

トランスデジタルが2回目不渡りを出して事実上倒産し、JASDAQは上場廃止を決めた。

[ITmedia]

 帝国データバンクによると、JASDAQ上場のシステム開発会社・トランスデジタルは8月29日、2回目不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は今年3月末時点で約18億590万円。JASDAQ証券取引所は、同社株式の上場を9月30日付けで廃止する。

 1969年に設立し、計算受託やコンピュータ関連コンサルティングなどを展開。90年に店頭公開した。その後多角化に失敗し、2000年に進出した携帯電話販売事業も撤退。資本・業務提携先が民事再生法の適用を申請するなど不振が重なり、08年3月期まで3期連続で最終赤字に陥っていた。

 ファイナンスは転換社債や第三者割当増資に頼り、直近でも7月後半に新株予約権を発行。8月27日までに31億3000万円が払い込まれていたという。だが28日、取引保証として差し入れていた額面1億3000万円の小切手が1回目不渡りとなっていた。

 同社株式は大量の予約権の行使で株数が急増。最近では同社株式がJASDAQ売買高の半分を占めるなど、異常事態になっていた。

 同社は8月7日、子会社のメディア241が制作する「ガンバレ自衛隊!・安全保障アワー」の制作発表会と披露パーティーを開催。同社によると、高市早苗経済産業副大臣や森山眞弓元法務相らが出席した。

関連キーワード

ジャスダック | 倒産 | 上場廃止


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -