ニュース
» 2008年09月02日 07時00分 UPDATE

mixiのアカウント盗むフィッシング詐欺に注意

「mixi」のメッセージ機能を悪用し、ユーザーIDとパスワードを盗み取るフィッシング詐欺が報告されているという。

[ITmedia]

 ミクシィは9月1日、SNS「mixi」のメッセージ機能を利用し、mixiのユーザーIDとパスワードを盗み取るフィッシング詐欺が報告されているとして、ユーザーに注意を呼び掛けた。盗まれたアカウントは再びフィッシング詐欺に使われるなど、悪用されているケースもあるという。

画像 メッセージとメールの文面

 悪質な業者が、不特定多数のmixiユーザーに対して、主に「フェニックス」というニックネームでメッセージを送信。「ログインしてメッセってのも面倒だから携帯にメールお願いしたいです★」と、携帯電話のアドレス宛てに携帯メール送信を求める。

 携帯メールを送信すると、返信で「ニコニコ動画とかyoutubeって知ってるかな?それと同じ感じ。登録とかいらなくて、mixiと同じメールアドレスとパスワードで使えるんだよ!」と特定のURLを指定。URLにアクセスさせ、mixiのメールアドレスとパスワードを入力させようとする。

 同社は、不審なメッセージには返信せず、URLはクリックしないよう注意を呼び掛けている。

 7月31日に注意喚起した、mixiをかたってIDやパスワードを盗み取ろうとする迷惑メールの被害報告も続いているという。

 フィッシング被害にあったアカウントから同様の手口でフィッシングを行っているという報告もあるとし、同社は「大変悪質な行為で、然るべき対応を進めている」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -