ニュース
» 2008年09月04日 08時12分 UPDATE

Google、「Picasa Web Albums」刷新――顔認識での写真分類機能などを追加

「Picasa Web Albums」の新機能「name tags」は、写真内の顔を認識し、同一人物の写真ごとにグループ分けできる。

[ITmedia]

 米Googleは9月1日、写真共有サービス「Picasa Web Albums」を刷新、新機能を追加した。また写真管理ソフトの最新版「Picasa 3.0」のβ版をリリースした。

 Picasa Web Albumsには、顔認識技術で写真内の同一人物を見分け、自動的に分類する「name tags」機能が追加された。アルバム内の特定の人物の写真に「name tag」を割り当てると、ほかの写真に写った同一人物を自動的に識別。人物別にスライドショーやアルバムを作成するなどの作業が簡単に行えるようになる。

yu_album1.jpgyu_album2.jpg 同一人物の数枚の写真に同じタグをつけ、人物別に分類

 新たに追加された「Explore」ページでは、ほかのユーザーが一般公開している最新の写真を閲覧できる。このページでは、ジオタグがつけられた写真の撮影場所を当てる「Where in the World」ゲームを楽しめる。

where in the world Where in the Worldゲーム。実際の撮影場所に近いほどハイスコアになる

 Picasa 3.0 β版は、Picasa Web Albumsとの連係機能が強化された。新たに設置された「sync to web」ボタンをクリックすると、PC上の特定のアルバムとPicasa Web Albumsとを同期させることができる。例えばPC上のアルバムを編集したり新たな写真を追加すると、その変更が自動的にPicasa Web Albumsに反映される。またPicasaから直接、Picasa Web Albumsで共有したい写真を選んだり、画像サイズを変更するなどの操作ができるようになった。

 そのほか、写真とコンテンツのレイアウトを容易にするドラッグ&ドロップツールや、写真の傷や古い写真を修整するレタッチブラシ、1クリックでYouTubeにスライドショーをアップロードできるツール、赤目除去ツールなど、さまざまな写真編集機能が追加された。

movie maker スライドショーをアップロードするMovie Maker

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -