ニュース
» 2008年09月05日 08時18分 UPDATE

VBなども対象:MS月例パッチは「緊急」4件、IEやOfficeの脆弱性に対処

Microsoftの9月の月例セキュリティ更新プログラムは日本時間で10日に公開する予定だ。

[ITmedia]

(Update)

 米Microsoftは9月9日(日本時間10日)、月例セキュリティ更新プログラム4件を公開し、Internet Explorer(IE)などの脆弱性に対処する。深刻度はいずれも最大の「緊急」レベルとなる。4日の事前告知で明らかにした。

 緊急パッチの4件はWindows、Windows Media Player、Windows Media エンコーダー、Officeの脆弱性をそれぞれ修正するもの。いずれも悪用されると、第三者によってリモートから任意のコードを実行される可能性がある。

 US-CERTによると、9月の更新プログラムはWindows、IE、.NET Framework、Office、SQL Server、Visual Studioが対象となる。併せて悪意のあるソフトウェア削除ツールの更新版と、セキュリティ以外のアップデートも公開することにしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -