ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年09月10日 07時00分 UPDATE

VAIOに写真編集用「フォトエディション」 Mac対抗

PC「VAIO」新製品に写真編集向け「フォトエディション」が登場した。一眼レフデジカメが普及し、PCで写真編集を行うニーズが高まっていると判断。Macユーザーの多い写真家向けに売り込む。

[ITmedia]

 ソニーは9月9日、PC「VAIO」新製品として、写真編集に特化した「フォトエディション」を発表した。一眼レフデジタルカメラが普及し、PCで本格的な写真編集を行うニーズが高まっていると判断。Macユーザーの多いプロやハイアマチュアの写真家向けに売り込む。

画像 type R(左)とtype A

 ハイエンドのデスクトップ「type R」シリーズとノート「type A」シリーズに、写真編集に最適な機能やソフトを搭載した。

 type Rは25.5型の大画面ディスプレイ一体型PCで、Adobe RGBカバー率96%、type Aは18.4型ディスプレイで同100%の広色域表示に対応した。

 それぞれ、外光の映り込みを防ぐアンチグレア液晶を採用。ICCプロファイルによるカラーマネジメントに対応している。type Rには外光を遮断するディスプレイフードが付く。

 RAW現像・画像管理ソフト「Photoshop Lightroom 2」や画像編集ソフト「Photoshop Elements 6」をプリインストールした。

 オープン価格で、実売予想価格はtype R(VGN-AW70B/Q)が40万円前後、type A(VGN-AW70B/Q)が32万円前後。それぞれ9月13日に発売する。

 同社広報部はフォトエディション投入の背景について「一眼レフデジカメ市場の拡大が続いている。画像編集分野はMacが強いが、Windows PCで写真編集にこだわった製品のニーズも高まっている」と説明している。

 type Rとtype Aには、動画編集に特化した「ビデオエディション」もラインアップしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.