ニュース
» 2008年09月10日 19時30分 UPDATE

YouTubeやTwitter、はてブの投稿を一元管理 ソニー「Life-X」

YouTubeやTwitter、はてなブックマークなどさまざまなネットサービスに投稿したコンテンツをまとめて閲覧・管理できるサイトを、ソニーマーケティングが始める。

[ITmedia]

 ソニーマーケティングは9月10日、ユーザーがWeb上に投稿したさまざまなコンテンツを一元管理・共有できるサービス「Life-X」を発表した。PC、携帯電話、液晶テレビ「BRAVIA」、ゲーム機「プレイステーション・ポータブル」(PSP)、「プレイステーション 3」(PS3)に対応する。

画像
画像 時系列で並べる機能や、地図上に表示する機能がある

 フォトアルバム機能を備え、写真を投稿・保存できるほか、各社が提供しているAPIと連携し、外部サイトに投稿したコンテンツをまとめて表示・管理できる。

 対応するのは写真サイト「Flickr」「Picasaウェブアルバム」、動画サイト「YouTube」「eyeVio」、ソーシャルブックマーク「はてなブックマーク」「Yahoo!ブックマーク」、ミニブログ「Twitter」など。

 各コンテンツは、テーマやカテゴリーごとに分けたり、サムネイルを時系列に並べて整理したり、地図上に表示させられる。家族や友人など「フレンド登録」したユーザー限定で共有することも可能だ。

 投稿はPCと携帯からのみ。BRAVIAやPS3、PSPからは写真のみ閲覧できる。

 9月25日に500人限定のクローズドβ版として公開し、10月中旬に正式サービスを始める予定。現在、クローズドβ版に参加するユーザーを募集中だ。

 Life-Xは「ライフログ共有サービス」という位置付け。「X」には「つながり・交わる」といった意味を込めた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -