ニュース
» 2008年09月12日 07時00分 UPDATE

パイオニア、初のBDレコーダー発売

パイオニア初のBDレコーダー2機種を発表。HDMIリンク機能「KURO LINK」やMPEG-4 AVC/H.264トランスコーダーを搭載する。

[ITmedia]

 パイオニアは9月11日、同社初のHDD&Blu-ray Discレコーダー2機種を10月上旬に発売すると発表した。同社製プラズマテレビ「KURO」と連携する「KURO LINK」機能を備える。

photo BDR-WD900

 HDD容量が1Tバイトの「BDR-WD900」と、同500Gバイトの「BDR-WD700」。オープン価格で、実売予想価格はWD900が28万円前後、WD900が18万円前後。

 MPEG-4 AVC/H.264トランスコーダーを搭載。番組を直接録画する「DR」モードに比べ、「HE」モード(約4.8Mbps)時には約5倍長い時間のフルHD録画が可能で、同モード時は2層BD-Rに約21時間40分のフルHD記録が可能としている。ただ、BD/DVDへの直接録画には対応せず、BDへの録画はHDDからのダビングとなる。

 HDMIリンク機能「KURO LINK」に対応し、テレビ用リモコンから録画・再生操作ができるほか、KUROに最適な画質セッティングを自動的に行うという。

 黒色の表現を深めたプラズマテレビ「KURO」や5.1chシステムなどの新製品も発表。KUROの新製品は60V型(94万円)と50V型(67万円)の2機種。50V型モニター(オープン価格)も発売する。

関連キーワード

KURO | パイオニア | Blu-rayレコーダー | H.264


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -